スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

823SH「JAPAN TEXTURE」披露、ゲストにリア・ディゾンが登場

823SH
ソフトバンクモバイルは30日、「THE REMIUM TEXTURE SoftBank 823SH」向けの限定パネル「JAPAN TEXTURE」を発売。これを記念し、ソフトバンク表参道にて、リア・ディゾンをゲストにイベントを開催した。「JAPAN TEXTURE」は、ソフトバンクのシャープ製3G端末「823SH」向けに開発された限定交換パネル。素材に「京友禅」の匠「木村染匠」による友禅を取り入れた「JAPAN TEXTURE 友禅」6種類と、「京漆器」の老舗「象彦」による漆を取り入れた「JAPAN TEXTURE 漆」の6種類、合計12種類が用意されている。日本の伝統工芸を携帯電話に取り入れることで、新たな世界観を提供するという823SHの種類情報はランキングで...
http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/823sh/
823SHの価格情報はランキングで

記事全文を読む

スポンサーサイト

「X02NK」最新実売価格は新スパボ一括で5万円台半ば...

X02NK
ソフトバンクモバイルのNokia製「X02NK」が発売された。ソフトバンクのスマートフォンは新スーパーボーナス利用時の支払いが一括のみとなり、販売価格は5万円台半ばとなっている。4月25日、ソフトバンクモバイルのNokia製スマートフォン「X02NK」が発売された。ソフトバンクは4月1日より、Xシリーズについて新スーパーボーナス利用時の支払い方法を一括払いのみとしている。そのため、購入時に頭金として総額を一括で支払い、月々の割り引きを受けることになるX02NK割引情報はランキングで...
http://mb.softbank.jp/mb/product/X/x02nk/
X02NKの価格情報はランキングで

記事全文を読む

Skype、携帯電話向けに「Skype」のβ版配布で無料?

SKYPE
Skypeは、海外端末向けにIP電話・コミュニケーションソフト「Skype」のβ版の提供を開始した。ノキア、モトローラ、サムスン電子、ソニー・エリクソンの海外市場向け端末で利用できる。今回提供が開始されたのは、インターネットを利用して通話やIM機能を実現する「Skype」の携帯電話版。通話をサポートし、パソコンなどのSkypeユーザーとメッセージのやりとりが行なえる。Skypeユーザー(Skypeコンタクト)への通話の発信は、携帯電話の通信料金が発生し、固定・携帯電話への発信はさらにSkypeOut料金が必要。Skypeコンタクトからの着信時にもSkypeOut料金が必要になる。通話の発信は、現在のところ英国、エストニア、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ブラジル、ポーランドで利用できるSkype情報はランキングで...
http://www.skype.com/intl/ja/download/skype/mobile/
Skype無料情報はランキングで

記事全文を読む

au(KDDI) 携帯電話の人気ランキング1位はW61P(ルッソブルー)が・・・

W61P
au(KDDI) 携帯電話の中でユーザーがよくチェックしている商品を人気ランキングにすると、1位がパナソニック/Panasonic W61P (ルッソブルー) 【機種変更】\9,450。2位がカシオ/CASIO W61CA (ローブホワイト) 【機種変更】。3位がソニーエリクソン/Sony Ericsson W62S (シルバー×レザー) 【機種変更】。4位が三洋電機/サンヨー(SANYO) W54SA (黒紅梅) 【機種変更】。5位が京セラ/kyocera W61K (セレニティーピンク) 【機種変更】になった。最新の価格などの情報は最新携帯ランキングで...
http://shopping.itmedia.co.jp/PriceList.asp?COM_ID=1080128057
W61Pの最新価格情報はランキングで
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
au春モデル
W61H  W61K  W61T  W61PT W61CA  W61S  W62S  W61P  W61SA  W62SA

記事全文を読む

フォンブレイバー 815T PBを26日発売価格は毎月2,180円、ソフトバンク

815T PB
ソフトバンクモバイルは、テレビ東京系列で放映中の「ケータイ捜査官7(セブン)」と連携したキャラクター携帯電話「フォンブレイバー SoftBank 815T PB」を4月26日から全国発売する。オープンプライスとなるが、販売価格は24回の分割払いの場合に毎月2,180円となり、そこから特別割引1,480円が差し引かれる。「フォンブレイバー SoftBank 815T PB」は、着せ替え可能な「fanfun. 815T」をベースに、「ケータイ捜査官7」の登場キャラクターをモチーフにしたモデル。従って端末の基本仕様は「815T」と同等となる携帯の最新情報はランキングで...
http://mb.softbank.jp/mb/special/k-tai7/
フォンブレイバー最新情報はランキングで

記事全文を読む

ケータイ売れ筋ランキング、“らくらく”系が人気(最新実売価格情報)

らくらくホン プレミアム

今回の首位は、富士通製のユニバーサル端末「らくらくホンIV」が獲得。前回、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P905i」(今回2位)に奪われた首位を奪還し、再び順位が入れ替わった。続いて3位にシャープ製の「SH905i」(前回4位)、4位にNEC製の「N905i」(前回4位)、5位にパナソニック モバイル製の「P705i」が入った。携帯春商戦の激しさは落ち着いたようで、商戦期の狭間に順位を上げる「らくらくホン」シリーズは順当と思える位置にある。ただ、主力の905iシリーズの人気もまだ衰えず、P905i、SH905i、N905iの3機種はキャリア総合ランキングにもそれぞれ4位、8位、9位に入っている。今回は、シャープ製の「SH705iII」が初めて登場した。SH705iIIは「SH705i」をベースに、周囲の雑音を抑えるノイズリダクション機能、声を強調するエンハンス機能、側音低減によるエコーキャンセル機能を備える「トリプルくっきりトーク」や、メールやiモードの文字を大きく見やすくする工夫を取り入れた端末。らくらくホンシリーズと705iシリーズのいいところを取り入れた端末に仕上げており、パナソニック モバイル製の「P705iμ」とともに、やや年配のビジネスユーザーに人気だという。そのほか、上記のようなユーザー層を狙うもう1つの機種「らくらくホン プレミアム」が4月14日、“バリューコースで買えるらくらくホンIV”「らくらくホンIVS」も4月22日に発売し、現在人気のらくらくホンシリーズのラインアップがより強化される。このあたりはなかなか絶妙なタイミングだと思える。次回、らくらくホン プレミアムが何位に入るか注目最新の人気情報はランキングで...
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/705i/sh705i2/
最新の売れ筋は人気ランキングで
905iシリーズ(10機種)

D905iF905iN905iP905iSH905iSO905iN905iμSO905iCSP905iTVSH905iTV
705iシリーズ(12機種)

D705iμN705iμ、P705iμ、D705i、F705i、L705i、L705iX、N705i、NM705i、P705i、SH705i、SO705i

記事全文を読む

X03HT 予約受付を開始、販売価格は50,400円から、ソフトバンク

X03HT
ソフトバンクオンラインショップにて Windows ケータイ「X03HT」(HTC 製)およびデュアルスライドのマルチメディアケータイ「X02NK」(ノキア製)の予約受付を開始した。「X03HT」は、約51×106×19.4mm のコンパクトボディにテンキーと QWERTY キーボード、Windows Mobile 6 Standard Edition 日本語版を搭載した Windows ケータイ。「3G ハイスピード」や無線 LAN 通信、Bluetooth 通信など、多彩な通信機能に対応する。ブラック、レッドは4月25日に発売を予定。ホワイトは5月下旬以降発売予定となる。なお、活用ガイドブック「X03HT スマートガイド」を300名にプレゼントされる、オンラインショップ予約購入キャンペーンが実施されるX03HTの情報はランキングで...
http://onlineshop.mb.softbank.jp/wos/html/feature_x03ht_present.html
X03HTの情報はランキングに

記事全文を読む

W61SA 発売開始!三洋電機→京セラに変更され実売価格も変更?

W61SA
スライド型で3インチ有機ELディスプレイを搭載する「W61SA」を発売する。発売日はエリアによって異なり、沖縄では17日より、東北では25日より、その他の地域では26日より店頭に登場する。「W61SA」は、メインディスプレイ下にタッチセンサーを配置し。キー側ボディにテンキーや方向決定キーを備えるスライド型CDMA 1X WIN端末。3インチ、240×432ドットの有機ELディスプレイや、オートフォーカス対応の199万画素カメラを搭載する。タッチセンサーで操作することになる閉じた状態は「Full Frontスタイル」と呼ばれ、ワンセグやLISMOの利用が想定されている。1月の発表時には三洋電機製となっていたが、三洋電機の携帯電話事業は4月1日付けで京セラに移管されており、今回の発表では「W61SA」が“京セラ製”となったのでショップの最新価格情報はランキングで...
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w61sa/index.html
W61SAの最新価格はランキングに
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
au春モデル
W61H  W61K  W61T  W61PT W61CA  W61S  W62S  W61P  W61SA  W62SA

記事全文を読む

WILLCOM D4 カッコ良すぎる外観とインターフェイス!最新実売価格

willcom_D4
ウィルコムが発表した「WILLCOM D4」(WS016SH、以下D4)は、OSにWindows Vista Home Premium with Service Pack1(SP1)、CPUにIntel製のAtomプロセッサー(Z520/1.3GHz)を採用したウルトラモバイルPC(UMPC)。約40Gバイト(1.8型、Ultra ATA/100)のハードディスクを内蔵しており、メインメモリは1Gバイト固定(DDR2-533、PC2-4200対応)となっている。D4はW-SIMに対応しており、単体で最大204kbpsの4xパケット通信が可能。また、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN、Bluetooth(Ver.2.0+EDR準拠)にも対応するほか、専用クレードルを介して有線LANも利用できる。また、ウィルコムが次世代PHSを開始した際には、何らかの形で次世代PHSの利用をサポートするD4の実売価格情報はランキングで...
http://www.willcom-inc.com/d4/index.html
willcom_D4の情報はランキングに

記事全文を読む

携帯電話研究のプロが選ぶ買って損しない春ケータイはこれだ・・・

タイガースケータイ
ワンセグ派の方は、一口に「ワンセグ搭載」といっても、単にテレビ視聴しかできないものから予約録画や長時間録画・再生、追いかけ視聴など本格的なレコーダー機能を備えたものまで多様だ。ディスプレーの画質やアンテナの有無なども好みの分かれるところ。いまや、ほとんどの機種にワンセグが搭載されるなか、機能と性能で木暮氏が選んだのはNTTドコモ「P905iTV」とau「W61SH」、ソフトバンクモバイル「920P」。「P905iTVはワンセグ機能を重視したスライドタイプの端末。専用アダプターに載せると“デスクトップテレビ”になります。W61SHは、画面が横向きになるサイクロイド型のスタイル。録画・再生機能が充実し、テレビを視聴しながらメールや通話も可能です。920Pは縦にも横にも開くWオープンスタイルでテレビ視聴できる点が便利です」紹介した機種情報はランキングで...
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w61sa/index.html
春ケータイ情報はランキングに

記事全文を読む

意外とカッコいい幻の金属パネル+スケルトンモデル「らくらくホン プレミアム」

らくらくホン プレミアム

F905iをベースに原研哉氏がデザインを監修して誕生した「らくらくホン プレミアム」。富士通の報道陣向け体験イベントで、アルミ素材を採用した開発初期のデザインコンセプトモックや検討段階のカラー見本、スケルトンモデルなどが公開された。らくらくホン プレミアム開発初期のコンセプトモックは、金属パネルによる展開も考えられていたようだ。パネルには縦やクロスのヘアライン加工やミラー調の加工が施され、スイングスタイルによるディスプレイと背面パネルの段差もかなり少ない。中期になると、ヒンジの構造などにも何度も変更し煮詰めていった跡が見られる。デザインを監修した原研哉氏が述べる「まるで“すずり箱”」に近づいていっているプレミアムモデルの情報はランキングで...
http://www.nttdocomo.co.jp/product/easy_phone/premium/index.html
最新情報はランキングで
905iシリーズ(10機種)

D905iF905iN905iP905iSH905iSO905iN905iμSO905iCSP905iTVSH905iTV
705iシリーズ(12機種)

D705iμN705iμ、P705iμ、D705i、F705i、L705i、L705iX、N705i、NM705i、P705i、SH705i、SO705i

記事全文を読む

821SC 有機ELディスプレイを4月13日に発売、最新の発売価格は、ソフトバンク

821SC
「SoftBank 821SC」(Samsung 電子製)を、4月13日に全国一斉発売することを発表した。「821SC」は、約49×99.5×16.7mm のコンパクトで丸みを帯びたボディに、高輝度な AM-OLED を採用した有機 EL(AM-OLED)ディスプレイを搭載。ワンセグデは「予約録画」「番組プレビュー」などに対応。オートフォーカス対応の有効196万画素カメラを搭載。撮影時にカメラの操作方法を表示する「簡単カメラナビ」により、カメラ機能をより簡単に利用できるようになっている。このほか、Bluetooth、PC サイトブラウザ、3G ハイスピード、S! 速報ニュースなどの機能に対応している821SCの情報はランキングで...
http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/821sc/
821SCの情報はランキングに

記事全文を読む

W62SA 大人の癒しケータイの最新価格は高すぎるのでは?au

W62SA
「W62SA」は、防水ワンセグケータイW53SAの進化モデル。ヒーリングイルミネーションやEZケータイアレンジで“大人の癒し”を追求し、リラックスしながらワンセグを楽しむのに適したスタイル。東京のビックカメラ-新規(OP同):1円、新規・変更:13,650円。大阪のビックカメラ-新規(OP同):10,290円、新規・変更:18,690円、シンプル:39,690円で少々お高めだが他店の最新実売価格情報はランキングで...
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w62sa/index.html
W62SAの最新価格情報はランキングにもあります
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
au春モデル
W61H  W61K  W61T  W61PT W61CA  W61S  W62S  W61P  W61SA  W62SA
ポータブルメディアプレイヤー COWON A3 A3-30G-SL

ポータブルメディアプレイヤー COWON A…

販売価格¥49,800

「欲しい」とバイヤー自らが目を輝かせるコチラの品。画像を見てピンときた人は、相当なデジモノマニアなはず。そうな…

商品詳細ページへカートページへ

記事全文を読む

夏モデルの新機種 Neo E1100の画像が流出、京セラ

NeoE1100
「Neo E1100」というCDMA2000 1xRTT対応端末。2.2インチのQVGAディスプレイに130万画素カメラを搭載するなど、スペック面では中下位クラスとなるが、背面に青く光るラインが描かれ、スタイリッシュなデザインに仕上げられている。担当者によれば、サンディエゴの米国法人で開発が進められたモデルだという。大きさは約89.5×52.0×16.7mm、重さは約90g。米国市場での発売が予定されており、夏に登場する予定新作NeoE1100発売情報はランキングで...
http://www.kyocera-wireless.com/
Neo E1100発売情報はランキングにもあります
905iシリーズ(10機種)

D905iF905iN905iP905iSH905iSO905iN905iμSO905iCSP905iTVSH905iTV
705iシリーズ(12機種)

D705iμN705iμ、P705iμ、D705i、F705i、L705i、L705iX、N705i、NM705i、P705i、SH705i、SO705i
携帯電話用ハンズフリーアダプタ ユビキチャット

携帯電話用ハンズフリーアダプタ ユビキチャッ…

希望小売価格¥15,750→販売価格¥5,229

お手持ちのFOMA、携帯、PHSのイヤホンジャックにつなぐだけの簡単接続!!増設すれば多人数でのテレカンファレ…

商品詳細ページへカートページへ

記事全文を読む

KDDI、「LTE」採用!これで携帯は光ファイバー並の速さになる

2010年ごろにスタートする次世代携帯電話の通信方式について、KDDI(au)がこれまでの独自路線を切り替え、NTTドコモとソフトバンクモバイルが採用する方式に合流する方向で検討を進めていることが31日、分かった。次世代携帯では、国内の携帯各社がすべて同じ通信方式に統一されることになるLTEの情報はランキングで...
「LTE」とは、Long Term Evolutionの略。
LTEの情報はランキングにもあります
ソフトバンクモバイルは、LTEの屋内実験で下り最大約150Mbpsを達成している。やはり一歩遅れるのは、いつもドコモだね。LTEが待ち遠しいが、気になるのが料金体系なんだな。

記事全文を読む

ドコモ 906iシリーズの新機種概要と発売時期...

906iシリーズは、受信速度が現在の2倍となる最大毎秒7・2メガビット、送信は15倍の最大5・7メガビットの新しい高速データ通信規格を導入する。705iシリーズは2ndシリーズとして外見を変えず、機能をプラスさせるのでは。SH705iは緊急地震速報に対応していないので、おそらく対応させるのではないでしょうか。パソコン向けに、データ通信の定額制も導入する方向で検討している906i新機種情報はランキングで...
906iシリーズの発売情報はランキングにもあります
905iシリーズ(10機種)

D905iF905iN905iP905iSH905iSO905iN905iμSO905iCSP905iTVSH905iTV
705iシリーズ(12機種)

D705iμN705iμ、P705iμ、D705i、F705i、L705i、L705iX、N705i、NM705i、P705i、SH705i、SO705i

記事全文を読む

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。