スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOMA D904i ケータイを振って動かす直感操作が新しいコンパクトスライド

D904i
D903iまではボディをスライドオープンする際、端末左側面のボタンを押すことでオープンさせてきた。閉じているときにカバンの中で不意にオープンしてしまうことがなかった反面、右手で持つときは人差し指、左手で持つ場合は親指という具合に、端末を持つ手によってオープンするボタンの操作が変わってしまっていた。
バネでオープンする様子はクールなのだが、その分閉じるときに最後まで力をかける必要があったり、また軽く握っている場合、オープンするときのバネのチカラで、そのまま端末が吹っ飛んでいってしまった、なんて言うユーザーの声もあったり。なにより、スライドオープンの直感的な操作ができない点は、気になっていた。
こういった声に答えるように、D904iではボタンを廃して、代わりにアシストスライドという機構を導入した。これによって世に出回っている多くの端末のように、親指のアクションで端末の開閉が可能になった。しかしただボタンを廃しただけではない。本当に軽い力のかけ方で、キチンと端末が最後まで開く。だからといって不意に開くほど緩くもない。これも好みの問題だが、スライドさせることの心地良さは、これまでの端末以上のこだわりが感じられ、何より心地よい動きを楽しむことができる。
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/904i/d904i/index.html
FOMA D904i 携帯の情報をランキングで探す!
FOMA D904i 携帯の情報コミュニケーション!
つづきを表示 D904iの反応!
スライド機構の変更とともに、外観も洗練された。2.8インチWQVGAディスプレイが前面にあり、その下にソフトキー、スピードセレクター、通話・終話ボタン、クリアボタンと並ぶインターフェース類は特に大きな変更はない。スライドオープンさせた際にダイヤルキーが現れるのも、これまでと同じだ。

端末左側面には左からホールドボタン、プッシュトークボタン、充電端子が並ぶ。右側面には左から半押しに対応したシャッターキー、タスクキー、イヤホンマイク端子、microSDスロットと並ぶ。左右側面の上部にはステレオスピーカーの溝が切られる。端末上部には中央に赤外線ポートとストラップホール、端末底部にはデータポート、背面には上から320万画素AFカメラ、フォトライト、FeliCa読み取り部と配置される。

以前のD903iでは、ディスプレイの下のソフトキーのあたりが盛り上がっていた。スライドの機構上の問題であったり、ソフトキーが操作しやすいように、と言う配慮だったりするのだろうが、D904iではこの盛り上がった部分はなくなり、ディスプレイと同じ高さでボタン群が配置されて、さらに端末の端に向けてシェイプが絞られている様子がわかる。限りなくフラットなボディを実現している点は、スマートさの進化と言える。

さらに端末を横から眺めていて、スライドの上側も下側も、電池蓋以外の溝がなくなったすっきりとした側面になっていることにも気付かされる。側面を見るとスライドする部分にしか溝は切られていない。後に紹介するこだわりあるカラーがより映えるというわけだ。

淡いピンク色のブリリアントピンク以外は男性にも違和感なく受け入れられるだろうが、色の設定から女性に支持されるかわいさ、クールさを意識しているように思われる。DoCoMoの703iシリーズで展開している薄型端末は、どちらかというと男性的なキャラクターの端末に振られていただけに、女性らしい薄型端末のカテゴリの充実はありがたい。

縦長の画面を使いこなすには、これまでの十字キーでは役不足と言える。D904iは、これまで搭載してきたスクロールホイールと十字キーを兼ねたインターフェース、スピードセレクターを継承して搭載した。D903iでは金属だったホイールはプラスティックに変更されてしまったが、質感は金属感が残っていて良好だ。またこれまで以上にホイールは軽くなり、素早く回すとスクロール量が増えるターボモードも搭載している。

904iでは、ケータイとしての基本スペックがさらに高められている。エンターテイメント方面で目立つのがiモーションのファイルの上限が10Mバイトまで引き上げられたこと。

D904iはFOMAハイスピード(HSDPA、下り3.6Mbps)の通信に対応していないので、対応端末に比べてダウンロードに時間がかかってしまうことが予想されるが、着うたフルだけでなく、iモーションによる1曲分のミュージッククリップ、ミニ番組などの映像コンテンツなど、今までPCの上で楽しんでいたり、PC経由で楽しんでいたコンテンツも、ケータイだけで楽しめるようになるサービスが登場することが予想される。外部メモリとして利用できるmicroSDは2Gバイトまで対応するので安心だ。

D904iはワンセグには対応していない一方で、FMラジオに対応する。ラジオを受信するだけでなく、FMトランスミッター機能でゲームや音楽再生などの音声をFMの電波で飛ばし、カーステレオや家のオーディオで受信することで、コードレスの外部スピーカーとして利用できる。ケータイで音楽を聴いていてクルマ移動が多いユーザーは重宝する機能になるだろう。

また音楽再生はWMA形式、AAC形式に対応し、バックグラウンドでの再生にも対応。うた・ホーダイ、ナップスターにも対応し、ミュージックケータイとしての基本的なスペックを押さえているが、WMA再生時で連続14時間という最大連続再生時間は、やや他の端末から見劣りするところだ。

その他、カメラはCMOSに変更された320万画素オートフォーカス付き、GPS搭載でナビへの対応、おサイフケータイ(トルカ対応)、WORLD WIND(3Gでの海外対応)、次に紹介していく直感ゲーム、2in1といった最新のスペックを押さえた対応は魅力的と言える。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。