スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W53CA EXILIM 5.1メガカメラ&手ブレ補正モードで美しく撮るスリム

EXILIM

これまで使ってきたau機の中では,少なくともデザインは最高です。auのデザインもだんだんそれっぽくなってはきましたが,見る角度によっては・・・という機種も多く,その中ではどこから見てもスマートで格好良いといえるこの機種のデザインはやはり優れています。問題は目立つ指紋だけです。
デジカメ機能は正直拍子抜けですが,気軽に写せる携帯デジカメとしての新たな使い方を開拓するという意味では悪い試みではないでしょう。
携帯としての使い勝手は,日立カシオの従来通りのもので文句はありません。PCドキュメントビューワやSDオーディオなど,必要に応じて削られやすいアプリケーションもちゃんと入っています。東芝は多機能なのですが,細かいところの気配りが足りないので,常用機種として長く付き合う気にはなりません。
そういう意味では,ワンセグが要らないという人には,デジカメ機能を抜きにしても,お勧めできる携帯と言えるでしょう。
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w53ca/index.html
EXILIM 携帯の情報をランキングで探す!
EXILIM 携帯の情報コミュニケーション!
つづきを表示 EXILIMの反応!

一週間前に新規購入しました。都内のau販売店で1万円くらいでした。(もっとも、標準価格の2万5千円だったら買いませんが)丁度、デジカメ買おうと思ってたし、これまでは数年間Vodafone→Softbankであまり好みの機種にお目にかかることがなかったのですが、Softbankの新機種はさすがにシャープに仕上がっているのが数機種ありますね、けど高いのよ。分割で月々1000円としても24ヶ月で24000円ですよねー、だったらこの500万画素ケータイにしちゃおうと。誰でも割に入れるのも敷居が低くなった点ですよね。で、肝心の写真機能ですが、キレイですよー。ここでアップできませんが、身近に胸に入れておけること考えるとかなり使えると思いますよ。
個人的には、メモリー気にせずにバンバン高画素で撮影して貯めていくつもり。いままでのsoftbankと違い、auのソフト面の多さと使いやすさにもびっくり。まだ一週間なので、楽しみながら使わせてもらってます。

これまで使用してきたWINの機種は,W31T,W32H,W41CA,W52Tで,今回のW53CAで5台目になります。もともと日立カシオのソフトウェアが好きでしたし,EXILIM携帯ということで,デジカメが無くても気軽にそれなりの撮影ができるのではないかということで購入しました。

デザインは,指紋や汚れが目立つ点以外は非常に良いです。薄さを活かしたスマートで落ち着いたデザインで,無意味かつアクの強いアクセントなどもなく,配色も形も実に上手くまとめられていると思います。まあ,EXILIMケータイであることはあそこまで強調しなくても良かったとは思いますが。

ワンセグが着いていないためか重量はそれほどなく,厚みも抑えられているため,携帯性は良好です。

併行使用しているW52Tの評判の悪い操作性に悩まされているからか,それほど悪いとは思わないのですが,やや深すぎの間があるシャッターボタン,小さくて堅いため押しにくいサイドボタン,ホールド性が悪いのか重量バランスに難があるのか,長く文字を打ち続けると他の携帯に比べて手が疲れやすい,など,ボタン操作はやや難有りです。個人的には,誤操作や反応の悪さなどよりも,押しにくさの点の問題が大きいと思います。

日立カシオの携帯の従来通りの変換精度ですので,特に不満はありません。東芝機も使っていますが,それほど変わりません。ただ,若干日立カシオの方が,語彙力・予測変換能力に優るかもしれません。

W41CAに比べると若干劣りますが,ほぼ同程度です。やや遅いのはWVGAのせいでしょうか。なお,W52Tよりは圧倒的に良好です。といいますか,W52Tがヒドすぎです。W52Tの時は,使い始めた瞬間からあらゆる場面でもたつきや引っかかりを感じましたが,W53CAではそういうことはありません。

メニューは従来通りです。日立カシオの良いところは,カウントダウンタイマーとストップウォッチ機能があるところと,待受ショートカットにPCサイトビューワなど多くの機能が登録できるところ(東芝の場合は登録できる機能に制限があります)です。ペンギンやBoniteといったテーマも悪くないですし,良いのではないかと思います。

WVGAですが,文字にそれほど違和感はありません。W52Tの時はボヤけぶりや文字の汚さにかなり最初の頃は違和感を感じましたが,W53CAでは上手く抑えられています。液晶は綺麗で,65000色というのも言われなければ分かりません。どうでも良いかもしれませんが,モバイル辞典は表示が結構綺麗で使えます。

モノラルということで,やはりチープで鮮やかさにかけます。思っていたほどひどくはありませんが,音量が多少大きい気がするので,音圧でごまかしているのではないかと思わないでもありません。いずれにせよイマイチです。

インターネット・EZウェブ,アプリ・写真・通話と,かなり長時間,相当量使用しましたが,思ったほど減りませんでした。バッテリーの持ちは良い方だと思います。

設定に”若干気を遣う”必要はありますが,普通の携帯よりは解像度に優れ,ノイズの少ない写真を”撮ることができ”ます。そのまま普通に取ったのではあまり劇的な違いは感じないかもしれません。状況に応じて設定をいじり,多少気を遣って取る必要があります。

当然のことながら,普通のEXILIMで撮影した方がはるかに良いわけで(私の常用コンデジは2年前に発売されたEX-Z750ですが),やっぱりデジカメの代用にはなりません。

とはいえ,カメラを持ち出さなくても,何となくそれっぽい絵は取れるので,まあ,画質なんてそれほどとやかくいわないけれども,日常の一端を気軽に残したい的な使い方をするのであれば良いのではないでしょうか。

後,文字撮影モードはけっこう使えますので,文章の臨時メモにも役に立ちます。現状では,デジカメの代用というよりは,EXILIM携帯としての自分なりの使い方を見つけて楽しむことにするというのが,変に幻滅しなくて良いのかもしれません。今は,2万円も出せば結構良いデジカメが買えます。デジカメが欲しいけど両方買うのも何だからという人には,悪いことは言いませんので,両方買うことをお勧めします。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。