スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォークマンケータイ W52S 音楽以外での実力はいかに...

W52S

MP3プレーヤーの購入を考えていたところにこのW52Sに出会いました。携帯も古くなったので、音楽重視で迷わず購入。やはり、“ウォークマン”ブランドに惹かれました。
内蔵メモリの2Gバイトはパワフルですね。PC内にたまっていた音楽を転送しまくりです。
最初は、SonicStageでのATRAC領域512MBのみに少々がっかり、メモリスティック(M2)の購入を考えていましたが、au Music Portで1.5GB内データフォルダのLISMOフォルダへ転送できるため不満は解消されました。ジャケット画像も転送でき、プレーヤーで画像も表示されるので慣れればau Music Portも快適です。
音質は、携帯音楽プレーヤーと同じです。NW-A1000のウォークマンを所有しているのでイヤホンを同じにして聞き比べても遜色ありません。FMトランスミッターも使っています。主に車内で聞くときがありますが、さすがに高音質を求めてはいけません。FM放送と同じかって聞かれると、必ずしもそうではないとの個人的意見です。FMトランスミッターを使う場合は、それはそれとして考えています。あとは、メモリスティック購入後ビデオ再生をトライしようと思います。音楽重視のコメントですが、家内がW51Hを使っていますが、操作のレスポンスは明らかに早いです。デザインとコンセプトにおいて全体的にはよい出来だと思います。
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w52s/
ウォークマンケータイ 携帯の情報をランキングで探す!
ウォークマンケータイ 携帯の情報コミュニケーション!
つづきを表示 ウォークマンケータイの反応!

電池ふたの開閉が固い。何てことはない、コツを知らなかっただけなのですがW44Sはコツも何もなくスライドさせれば開くので、最初はちょっと焦りました。W52Sでは爪かけの部分を押し込むようにしてスライドさせれば簡単に開閉できます。こっちの方が、しっかりしてる感じですね。
ちなみに、コツは「簡単マニュアル」には書いて無くて、分厚い方にはちゃんと書いてあります。

W52Sは横幅の広さも手伝って、オンフック、オフフックがやや遠い感じがします。何回か、オンフックを押そうとして「アプリ」を押すことがありました。
サイドのミュージックキー長押しでミュージックプレイヤーがバックグラウンドで起動するのは便利ですね♪
W44Sの十字キー周りに丸く配置されたキーにも慣れましたから、いずれ慣れると思います。
サイドのカメラキーはW44Sに比べて格段に押しやすいです。半押し状態から更に押すときに、余計な力がいらなくなりました。W52Sの方がキーは小さいのに、大したものですよ。

音楽操作系のキーが配置されて、EZ FeliCaキーが無くなり、FeliCaロックのクイック解除は待ち受け画面での「→」長押しになりました。自分は駅に着くとEZ Webの「乗り換え案内」で乗る電車を調べながら、改札が近づくとサイドキーだけでロックをクイック解除して改札を通過するという使い方をしていたので、一度待ち受けに戻らないと行けないのは少し残念です。
おそらく、EZ Webが中断状態に出来るようになったのでそうやって置いておけという事だと思います。

購入のポイントの一つが、現在使っている音楽管理ソフトがSonic Stageで、ファイル転送等で違和感がないという事でした。これは実際やってみるとその通りだったのですが、内蔵メモリ2GBのうち、ATRACに割けるのが512MBしかないというのは、ちょっとひっかかりました。

更にマイクロSDとM2の外部メモリが使えるのですが、ATRACファイルを転送できるのがM2カードのみで(マイクロSDは不可)しかも、内蔵メモリに対しての転送はSonic StageがATRACに変換してくれるのに、外部メモリに転送するときはそれができません。MP3をメインにしている身にはちょっとがっかりでした。

ウォークマン携帯を謳っているからには、内蔵メモリのATRACの割合などはユーザーが設定できるようにして欲しかったですし(512MBと0MBしか選べない)外部メモリへの転送も何とかして欲しかったです。

なので、私にとっては「2GBの大容量」というのは看板に偽りありで、正確には、デフォルトで512MB、音楽ファイルをATRACにそろえると言う条件でM2カードを挿して、1.5GBというのが正確なところです。

更に、転送は付属のクレードル経由でないとできません。複数のパソコンでファイルを管理しているので、これも不便です。USB端子を内蔵し、ケーブル一発とはいかないのでしょうか。

出たばっかりで気が早いと言われそうですが、後継機に望むこととして、
1)内蔵メモリの使用比率をユーザーが自由に設定出来るようにする。
2)外部メモリの扱いをもっと自由に…つまりマイクロSDにも音楽ファイルを転送できるようにして欲しい。メモリスティックにこだわり過ぎると、かつてのベータみたいな事になっちゃうんじゃないかな…
3)イヤフォンのミニジャックをつけて欲しいです。変換プラグなんていうめんどくさい物を介さずに、慣れたイヤフォンを使いたいので。
4)usb端子をつけて欲しいです。
5)これは音楽とは関係ありませんが、ボタン(特に十字)がすごく押しにくいです。ジョグシャトル…復活できませんか?

欠点と感じた事ばかりをつらつらと書いてしまいましたが、これはこのシリーズに対する期待の大きさと解釈してください。

音楽以外では、200メガピクセルのオートフォーカスつきデジカメや私にとっては必要にして十分なスケジュール、タスク管理のPDA機能など、日頃持ち運ぶものを大幅に減らしてくれるガジェットです。
ルックスも(これは好みがあるでしょうが)すごく気に入っています。

ウォークマン携帯W42Sの後継ですが、スライドは手動です。W31Sのようにスライドキーでスライドさせるものは勢いで手からすべり落とす方もいるようなので手動は正解だと思います。

W42Sと違って発信、電源キーは形態の側面に近いところにあるのでなれるまで使いにくいと思われます。レスポンはいいのですが女性の手には少し大きめで片手で操作しにくいかもしれません。

音楽携帯ということでミュージックプレイヤーはメニューからでも起動できますがたしか携帯の右側面にある大きめなキーで起動させます。W42SシャトルタイプもいいですがW52Sの方が勝手に起動といことは少ないかなと思いますがどちらもいっしょかも。音のほうはといいますと携帯は本職というか主なので高音質を求めてはいけません。しかし、あのソニーの音モレしないイヤホンがついてくるのです!FMトランスがついてくるのです!携帯超えてますね。キーの違和感さえ忘れたらおすすめです。
携帯という道具が生れて何年経つか分からないが、ついに後世に残る傑作が登場したという印象。

音に徹底してこだわった姿勢。メール等の操作性。全体としてのセンスの良さ。どれをとっても、五つ星です。
ワンセグが下品だと感じている人は、そして音楽を愛する人は買って損なし。携帯の進化の凄まじさを実感できる名機だと思う。
w42sからの機種変だけど、使った感じではまるで別物。同じウォークマン携帯とは思えない。音楽が好きで、テレビはダサイと感じる人はマストバイ。いやいや、テレビこそ命と考える人は、買う意味がないです。この携帯に注ぎ込まれた技術者の誠意と根性に敬意を払います。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。