スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W52SA カスタマイズ心をそそる、細かな設定ワンセグのワンタッチ起動

W52SA
三洋電機製の「W52SA」は、スリムでシンプルなボディに2.8インチワイドQVGAディスプレイ、ワンセグ、おサイフケータイなどのトレンド機能をバランスよく搭載したWIN端末。回転2軸機構を採用しており、ディスプレイを表にして折りたたんだコンパクトな形でワンセグを楽しめる。
「Just Simple」をコンセプトとするボディデザインは、細部までフラットな仕上げにこだわった。先端部の金属パーツを採用したワンセグ/FMラジオ用アンテナ部も、きれいに処理しており、ボディカラーごとに異なる質感で仕上げるなど、同じボディ形状ながら各カラーごとに異なる個性を持たせている。
ダイヤルキーはフレームレスタイプのものを採用。キーは1つ1つの面積を大きく取り、キーの上下の端にくぼみを持たせて境目を分かりやすくしている。ストロークも十分確保されるなど操作性は良好だ。十字キーの周囲にレイアウトされた4つのソフトキーも大きく、誤操作の心配が少ない。
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w52sa/index.html
W52SA 携帯の情報をランキングで探す!
W52SA 携帯の情報コミュニケーション!
つづきを表示 W52Hの反応!
ワンセグ機能は、ほかのauのワンセグ対応機と同様「au Media Tuner」を採用し、基本的な操作性はほぼ同じ。音声のみのバックグラウンド再生やEPGとスケジュール機能を利用した予約録画機能もサポートする。サイドキーを使ったワンセグのワンタッチ起動や、ディスプレイを表にして折りたたむ「フロントスタイル」に連携したワンセグ起動にも対応する。

フロントスタイルのワンセグ視聴時でも各種サイドキーでチャンネル切り替えや音量調整を行え、閉じるとサイドキーを自動ロックするキーロック機能を設定していても、ワンセグ利用時には自動で解除される。

W52SAのワンセグ機能で便利なのは、2つの輝度調整(正確にいえばバックライトの明るさ調整)機能が連携する点だ。5段階の「明るさ設定」と、利用時の環境光を検知して明るさを自動調整する「光センサー」はそれぞれオン/オフに設定でき、光センサーは「明るさ設定」の設定を基準に動作する。環境光に連動した明るさの自動調整機能自体はさほど珍しくないが、多くの場合、完全におまかせになってしまう。

W52SAでは「明るめで自動」「暗めで自動」といったように、好みや利用環境に合わせた明るさの自動調整が可能だ。
W52SAの魅力は、実はカタログスペックだけでは分からないところにも潜んでいる。このレビューや「W52SAの“ここ”が知りたい」記事で触れたとおり、細かな使い勝手への配慮や実用機能の質の高さは見逃せない。

それだけに通話とメールの連携で、メール一覧から通話に連携できない点などが惜しまれる。また、幅広く設定できる文字サイズのカスタマイズも、メール一覧の文字サイズで生かせないのがもったいない。また、せっかくのワイドディスプレイと2軸ヒンジなので、PCサイトビューアの横表示にも対応して欲しいと感じた。いずれもソフトウェアの問題なので、後継端末での改善を望みたい。プラットフォームの共通化に伴い、基本操作などの統一化が進むau端末だが、細かいカスタマイズに対応したW52SAを使ってみると、使い勝手にはまだ工夫や改善の余地があったと実感させられる。ワンセグ機能に加え、基本機能の使い勝手や実用的な機能にこだわりたい人には、おすすめの端末だ。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。