スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル Google AdSense ブートキャンプ!サイトを最適化しよう

google グーグル
AdSense公式ブログ「Inside AdSense」からメールが届いた!もっと、アドセンスで稼ぎなさいよ~
Google AdSenseの公式ブログ、Inside AdSenseでは、ただいま「AdSenseブートキャンプ」と題しまして、初心者から既にAdSenseを活用中の方まで、すべてのAdSenseに興味をお持ちの方のためのオンライントレーニング講座を連載中です。
「AdSenseのアカウントを作ったけれど、その先の利用方法がわからない」
「既にAdSenseを導入したものの、思ったような効果が上がらない」
「他のWebサイトオーナーにもAdSenseを紹介したいが、良い参考サイトが見つからない」
「もっと収益を上げるためのヒントが欲しい!」
以下、グーグル引用
http://adsense-ja.blogspot.com/2007/09/adsense-7.html
携帯の情報をランキングで探す!
携帯の情報コミュニケーション!
これまで6回に渡り、皆様のサイトへAdSenseを導入し、実際に収益を受け取るまでの流れをご紹介してまいりました。しかし AdSense は一度設置して終わりのプログラムではありません。皆様のサイトの価値を高め、訪問ユーザーの皆様により有益な情報を提供するとともに、運営者として皆様の収益をより向上していただくためには、様々な工夫を加えていただくことが大変に有効です。

本日は、これ まで日本で運営されている AdSense 利用サイトの実績に基づく、いくつかの「サイト最適化のノウハウ」を公開いたします。

・サイトの最適化とは
広告の配色、フォーマット、掲載位置などを変更し、サイト内により効果的・効率よく AdSense広告を掲載し、収益の向上とページレイアウトの向上を図ることです。


・レポートを確認しましょう
第4回でご紹介した、様々なレポート機能についてはご利用いただいておりますでしょうか?

サイトに変更を加えた前後のパフォーマンスを比較したり、これまでの実績を元に変更点を検討するためには、レポートの検証が不可欠です。今回の最適化の導入のためには、最低限トップページとそれ以外のページを別にトラッキングできるように、また各ページ内に設置した広告ユニット別の結果や配色もトラッキングできるようにカスタムチャネルの導入をお奨めします。

例えばあるページの広告ユニットのフォーマットや配色を検討する場合は、こんな設定をしてみてはいかがでしょう。

 インデックスページの上部に配置したバナー。配色は青。
 index_top_Banner_Blue

 新たに最適化を行い、配色を茶系に変えた場合は
 index_top_Banner_Brown

 また広告ユニットのフォーマットをビッグバナーに変えた場合、
 index_top_BigBanner_Brown

といったように、フォーマット、位置、配色を変えるたびに、一目で見てわかりやすい名称のカスタムチャネルを設定していただくと、後でその前後を比較することが簡単にできるようになります。もちろん第4回でご紹介した通り、同じページ内に複数のユニットを配置した場合も、このようなカスタムチャネルの設定を行っておけば各位置ごとの比較も容易に可能です。


・広告掲載数を増やす
最も簡単にできる最適化の第一歩は、広告を掲載するページ数を増やすことです。意外に思われるかも知れませんが、多くのページをお持ちのサイトでも、トップページのみに広告を貼っただけのケースが多く見受けられます。少なくともサイト内のすべてのページへ広告を掲載するようにすることが、じつは最も簡単にできる向上策となります。

例えばブログサイトなら、トップページだけではなく、月別やカテゴリ別のページにも広告を掲載しましょう。また1ページあたりの掲載可能数は以下の通りです。ぜひ空いたスペースは有効活用して、なるべく多くの広告を掲載することをお勧めします。ちなみに 1ページに掲載することが可能な AdSense のユニット数は以下のとおりです。

 広告ユニット  3つまで
 リンクユニット 3つまで
 紹介プログラム 3プロダクトまで


・広告の配色に気を配る
多くの事例から、広告を目立たせようと奇抜な色や目立つ色を使用することは逆効果となるケースが多いことがわかっています。サイトのデザイン性、イメージを損なわないように、サイト上で使っている色を基調とした配色にすることが大切です。

また、一般的には「枠線あり」と「枠線なし」では、「枠線なし」の方が効果的です。

例えば下記の3つのサンプルサイトをご覧になって、どのサイトが自然で読みやすいサイトに見えるでしょうか?訪問者の方にとって読みやすいページ、価値のあるページを目指すことが、最適化への近道になります。

続きは、こちらからどうぞ

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。