スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X01T Windows Mobile 6.0 Pro搭載HSDPAスマートフォン

X01T
ソフトバンクモバイルから発売される「X01T」は、東芝が国内で初めて投入するスマートフォンだ。同社が海外でリリースした「G900」をベースにしており、OSにはWindows Mobile 6 Professional Editionを搭載する。2月にスペインで開催された「3GSM World Congress 2007」のMicrosoftの講演で、ソフトバンクモバイルの執行役副社長 技術統轄兼最高戦略責任者(CSO)である松本徹三氏が日本国内でも今夏にリリースすることを明らかにしており、正式発表が待たれていた。
X01Tは、3インチのワイドVGA(480×800ピクセル)液晶とスライド式のQWERTYキーボードを搭載している。キーは左側に出る仕様だ。ボディサイズは約61(幅)×119(高さ)×21.5(厚さ)ミリで、携帯電話やHTC製の「X01HT」と比べるとやや大柄だ。カメラは有効197万画素のCMOSタイプ。通信機能は3Gハイスピード(HSDPA)と無線LAN(IEEE802.11b/g)をサポート。ディスプレイをスライドさせた裏側には指紋センサーを備え、指紋認証によるセキュリティ機能を提供する。ほかにもプリインストールアプリのGoldKeyにより、PCとの連携時にPCがX01Tから離れると自動でロックがかかり、近づくとロックが解除される。外部メモリはminiSDメモリーカードが利用可能だ。
http://mb.softbank.jp/mb/product/X/x01t/index.html
X01T携帯の情報をランキングで探す!
X01T携帯の情報コミュニケーション!
<以下、X01Tの反応>
Windows MobileR 6 Professional Edition 日本語版を搭載
前バージョンから機能を大幅に強化したWindows Mobile 6 Professional Edition日本語版を搭載。スタイラスを使ったタッチパネルによる直感的な操作など、使いやすさがさらに向上しました。 快適にインターネットを楽しめる
3Gハイスピードに対応で、ウェブ閲覧がスムーズに。さらに、公衆無線LANサービスなどでも利用できます。また、Bluetoothや赤外線通信、miniUSB接続にも対応可能なので、パソコンとのデータのやりとりも便利です。

大画面ワイドVGA液晶でPCサイトも鮮明に
従来のQVGA液晶の約5倍の情報量が表示可能な3インチワイドVGA液晶で、パソコンサイトはもちろんMicrosoft WordやMicrosoftR Excelのファイルも鮮明に表示します。
指紋認証など充実のセキュリティ機能
登録した本人以外はセキュリティロックを解除できない指紋認証機能や、パソコンとの連携時、X01Tを離すとパソコンが自動でロックされる「GoldKey」アプリをプリインストールするなど、セキュリティ機能が充実。

携帯電話最大のWVGA表示エリアでインターネット・フルブラウジング
ソフトバンク X01Tの最大のセールスポイントは、大型3.0型タッチパネル液晶ディスプレイを搭載し、携帯電話最大のWVGA(800x480)の表示能力を持っていることだろう。サブノートパソコン並みの表示面積と、Windows Mobile 6のInternet Explorer 6ベースのフルブラウザ、SoftBankの3Gハイスピード*1を組み合わせることで、快適なインターネット・ブラウジングが可能だ。

スライドキーボードを引きだすと、液晶ディスプレイ裏には指センサーが搭載され、そこを指でなぞることで自在に上下左右にスクロールすることも可能だ。両手で、X01Tをホールドしたまま、デスクトップパソコンにおけるマウスのように自在に画面をスクロールできるのは、これまでの Windowsケータイにない快適さだ。

なお、無線LANが使える場所では、無線LAN経由でブラウザを利用することもできる。自宅や会社など無線LANが使える場所であれば、無線LAN経由のインターネットアクセスを利用することでパケット代がかからず、お得に利用することができる。

最強のメールケータイ
ソフトバンク X01Tは、最強のメールケータイでもある。
S!メール、SMSはもちろん、パソコン用メールアドレス、Windows Live Mail (Hotmail)、Yahoo!メールなどをX01T一台で使い分けることができる。さらにビジネスでExchange Serverを利用している場合には、そのExchange Server上のメールや予定表にリアルタイムにアクセスすることができる。
また、X01Tでは、HTMLメールの受信も可能になっている。

“X”シリーズは高機能の証
ソフトバンクの携帯電話ラインナップの中でも、高機能モデルに属する「X」シリーズ。「X」はローマ数字で“10”を表す。91Xシリーズや、70Xシリーズの次世代の意味を込め「X」シリーズと名付けられている。

本ページに並ぶ機能・サービスアイコンをみるだけで、この「X01T」の高機能さは伝わるだろう。ソフトバンクのHSDPAサービス「3Gハイスピード」にも対応し、下り最大3.6Mbpsの高速接続でインターネットを利用することが可能だ。そのほかにも通信手段として、Bluetooth 2.0と無線LANにも対応している。

パソコンと同様に使える
普段の仕事や生活でパソコンを使っている・持っているあなたに薦めたいケータイが「X01T」だ。
まず、本体にパソコンと同じQWERTY配列のミニキーボードを内蔵している。本体を両手で持って、親指でキーボード入力ができる。ローマ字入力で、長いメールや、議事録などの文章を快適に作成することができる。
また、X01Tには「Windows Mobile 6 Professional Edition」という最強のWindows Mobile 6が搭載されている。X01Tに内蔵されているフルブラウザ「Microsoft Internet Explorer」、ミュージック、ビデオプレーヤーの「Windows Media Player Mobile」、メールや予定表を管理する「Outlook Mobile」などの主要アプリケーションソフトは、ウィンドウズを開発しているマイクロソフト自身が開発したものだ。さらにフルブラウザ「Opera Browser」、GPS接続のための「External GPS」、パソコンからX01Tをリモートコントロールするための「Teleport」、Javaプログラムを動作させるための「Java VM」など、まさに、携帯電話の形でありながら、パソコン同様の使い勝手と機能を実現するのが「X01T」なのだ。

ビジネスの定番を完璧に
X01Tには、ビジネスシーンで不可欠の「Microsoft Office System 2007」シリーズにも対応した「Microsoft Office Mobile」が搭載されている*2。Office Mobileには、Word Mobile、Excel Mobile、PowerPoint Mobile、Outlook Mobileの4つの主要アプリケーションが含まれている。いずれもマイクロソフト自身が開発したものだ。
ミニキーボードを内蔵するX01Tでは、Word文書の閲覧はもちろん新規作成や編集、Excel文書の新規作成・閲覧・編集、またグラフ作成などを行うことができる。PowerPoint文書は閲覧とスライドショー再生ができる。

Outlook Mobileでは、X01Tで使えるS!メール、SMS、パソコン用メールアドレス、Windows Live Mail、Exchange Serverメールのすべてについて、受信・送信・削除などを行うことができる。また、メールの中に、Word、Excel、PowerPoint、PDFなどの添付ファイルがあっても、X01Tではパソコンと同様に開いて内容を確認できる。また内容を編集して、再度添付ファイル付のメールとして送信することさえ可能なのだ。

Windows Live Messenger (MSN Messenger)と会話も可能
電話、メールに続いて、人気のあるコミュニケーション手段がリアルタイムにテキストによる会話を楽しめる「メッセンジャー(ショートメッセージ)」だろう。X01Tでは標準で「Windows Live Messenger」を搭載しており、いつでもどこでも友人と気軽なチャットを楽しむことができる。

テレビ電話や海外ローミングなど全部入り
また、X01Tはこれ一台でテレビ電話機能や、海外ローミングなどの機能も備えている。SoftBankや、Vodafoneグループがサービスを行っている地域であれば、どこでも、X01Tを持ち運んで、日本国内と同様に利用することが可能だ。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。