スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W53H スリムボディに有機ELを搭載した“Woooケータイ”

W53H
テレビのように、美しくシンプルなフレームを。
無駄をそぎ落とし、エッジを効かせたデザインで、内に秘めた技術の先進性を外観で表現しました。また、傷つきにくく、透明感の美しい強化ガラスを採用しています。
高画質と充実機能を、よりスマートなスタイルで。
ワンセグ、おサイフケータイRなどの先進的な機能や性能を、14.2mmのスリムなスタイルに凝縮しました。
シャープな美しさの中に、曲面のなめらかさを。
エッジを効かせた外形の中に、なめらかな曲面処理を施し、精緻さと優しさを併せ持ったイメージを表現しました。
「Wooo」のブランドコンセプトでもある“World standard”という思想からインスパイアされた、世界の国や地域をイメージした3つのカラー。
質感やディテールにもこだわり、繊細で美しい色合いを表現、ユーロパープルは超クールです。その他に、ジャパンブラック、ノルディックホワイトがあります。
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/wooo/index.html
W53H 携帯の情報をランキングで探す!
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
W53H 携帯の情報コミュニケーション!
つづきを表示 W53Hの反応!
「W53H」は、最薄部14.2mmのスリムボディに2.8インチのWQVGA有機ELディスプレイを搭載した日立製作所製のCDMA 1X WIN端末。発売は12月上旬以降を予定し、価格はフルサポートコースで1万円台後半になる見込み。

 ディスプレイには有機ELが採用され、約2.8インチ、240×400ドットのWQVGAディスプレイとなる。日立のハイビジョンテレビ「Wooo」の高画質技術が採用された画質処理エンジン「Picture Master for Mobile」が搭載され、ワンセグ映像を高画質に再現する。音声付き時短再生やタイムシフト再生、電子番組表対応の予約録画機能、バックグラウンド録画などの機能が用意されている。

 ボディデザインは「Wooo」と同じテーマの「Cutting Edge Design」とし、ディスプレイの額縁にはWoooのロゴも配されている。ワンセグのアンテナは内蔵式。2軸ヒンジが採用され、端末をハの字の状態で立てて縦画面のワンセグが机の上でも見やすくなる「セルフスタンド機能」などユニークな機構も搭載される。パッケージには縦横どちらの向きにもできる充電スタンドが付属する。

 ボディは最薄部で14.2mmを実現したスリムボディとなっている。ボディカラー「ユーロパープル」のディスプレイ側には光のあたり方で色が変わる「マジョーラカラー」が採用されている。

 197万画素のCMOSカメラが搭載され、外部メモリは最大2GBまでのmicroSDカードが利用できる。このほかauのサービスとして、PCサイトビューアー、EZナビウォーク、おサイフケータイなどに対応。赤外線通信機能も搭載される。

 大きさは約51×107×14.2(最厚部18.8)mmで、重さは約131g。連続待受時間は約360時間、連続通話時間は約250分(数値はいずれも暫定値)。本体カラーはジャパンブラック、ノルディックホワイト、ユーロパープルの3色。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。