スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W54S Rev.A+有機EL+BT搭載、ウォークマンと連携するエレガント

W54S
ボディは、光沢のあるシルバーフレームと表面のツヤ感がエレガントさを持つ折りたたみ型。上り最大1.8Mbps/下り最大3.1Mbpsの高速通信を利用できる「EV-DO Rev.A」に対応し、新たにテレビ電話サービスが利用できるようになった。

また、従来の「au Music Port」に音楽管理ソフト“Sonic Stage”機能を統合した「LISMO Port」に対応し、端末でダウンロードした着うたフルをPC経由でウォークマンに転送できるほか、PC向け音楽配信サイト「mora」との連携で70万曲以上のラインアップから欲しい曲をダウンロード可能になった。加えて、ソニー製のHDDコンポ「ネットジューク」でも着うたフルを楽しめるほか、楽曲のバックアップや「Any Music」で購入した音楽を端末に転送するなど、携帯電話を中心にしたさまざまな生活シーンで、音楽を楽しめる。

内蔵メモリは約800Mバイト(暫定値)と大容量で、AVプロファイル対応のBluetooth機能も搭載。外部メモリにはmicroSDを採用する。メインディスプレイは、ワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応の約2.8インチ有機ELで、ワンセグやLISMOビデオクリップなどを鮮やかに表示可能。ワンセグを見ながらメールを表示するといった、2つの機能を同時に表示する「マルチプレイウィンドウ」に対応する。
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w54s/index.html
W54S 携帯の情報をランキングで探す!
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
W54S 携帯の情報コミュニケーション!
つづきを表示 W54Sの反応!

「W54S」は、2.8インチの有機ELディスプレイを搭載し、LISMO「オーディオ機器連携」に対応したソニー・エリクソン製のCDMA 1X WIN端末。発売は12月以降を予定し、フルサポートコースでの価格は2万円台半ばになる見込み。

 ディスプレイには有機ELが採用され、約2.8インチ、240×400ドットのWQVGAとなる。クアルコムの最新チップ「MSM7500」が搭載されることで、新サービスのLISMO「オーディオ機器連携」や「au one ガジェット」が利用できる。

 本体はオーソドックスな折りたたみ型が採用され、閉じた状態の表側にある金属調のフレームと、光沢のある仕上げが特徴。キーはフラットなタイプだが、キーごとにわずかな凹凸が付けられている。

 ワンセグに対応し、伸縮しないタイプのアンテナを外側に装備する。パッケージにはUSBクレードル充電台が付属し、通常の閉じた状態で置く方法のほか、トレイ状の部分に端末を開いて乗せれば、ワンセグを見る際のスタンド代わりになる。約1GBの内蔵メモリには最大約4時間20分の録画が可能で、外部メモリは最大約2GBまでのmicroSDカードが利用できる。予約録画や着信時継続録画、タイムシフト機能が利用できる。

 新たに「マルチプレイウィンドウ」に対応し、ワンセグを見ながらメールをするなど2つの機能を同時に利用できる。Bluetoothがサポートされ、A2DP、AVRCPなどのプロファイルをサポート。Bluetooth対応ヘッドホンなどが無線で楽しめるほか、ソニーからは「W54S」の本体カラーと同じで、既存のイヤホンなどを接続できるBluetoothレシーバーも発売される予定となっている。

 カメラはAF対応の324万画素CMOSカメラ。通信方式ではEV-DO Rev.Aがサポートされ、テレビ電話が可能。このほかauのサービスとして、デジタルラジオ、EZ・FM、PCサイトビューアー、EZナビウォーク、おサイフケータイなどに対応。IrSimple対応の赤外線通信も搭載される。

 大きさは約50×106×19.1mmで、重さは約145g(いずれも暫定)。連続通話時間や連続待受時間については検討中とされている。ボディカラーはフランボワーズレッド、ベルベットブラック、アクアブルーの3色。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。