スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRAPE(ドレープ)"Emotional Electronics"エレガンスをまとったラグジュアリー

drape
アールデコ様式をイメージした優雅なデザイン
自動車、家電製品、精密機器などの工業製品についても、デザインやデザインコンサルティングの分野で数々の成功をおさめているコンセプター・坂井直樹氏(株式会社ウォーターデザインスコープ代表)と共同で「DRAPE(ドレープ)」の開発を行いました。新製品は、1920年代を中心に欧米で流行したアールデコ様式をイメージし、本体表面に直線や流れるような曲線を立体的に施した優雅なデザインを採用しています。操作部分には金属のような質感を持たせるなど細部までこだわり高級感を演出しています。
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/drape/index.html
drapeW46T 携帯の情報をランキングで探す!
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
drapeW46T 携帯の情報コミュニケーション!
つづきを表示 drapeW46Tの反応!
DRAPEの価格情報はランキングにもあります
「DRAPE」(W46T)は、コンセプター・坂井直樹氏がプロデュースしたアールデコ調のデザインが特徴的な東芝製CDMA 1X WIN端末。直線や流線型を幾何学的にアレンジしたアールデコ全盛時代のラグジュアリー感を表現したとしており、操作キー部分は金属の質感を用いている。画面デザインもアールデコの時代のモチーフが採用されている。本体カラーはヴィクトリアンジェット、ブロンズ、シェルカメオの3色。

28日に開催された発表会では坂井直樹氏が登壇。au端末全体のデザインの方向性や「DRAPE」についてプレゼンテーションを行なった。DRAPE(ドレープ)とは、ゆったりとしたひだ、自然にできた布などのたるみを指す言葉。同氏は「最新の技術をかつてのエレガンスで覆う」「アーデコ全盛の時代を彷彿とさせる造形とオーセンティックな質感を持ったケータイ」と「DRAPE」を表現した。

また同氏は、優雅なドレープが表現されたボディに加え、機械式の時計をイメージした待受画面、モノクロ映画の中で電話ボックスを使う男性のイメージなど、ユーザーインターフェイスへのこだわりも紹介した。

「テレビ電話」機能に対応し、最新サービスの「EZチャンネルプラス」「EZニュースフラッシュ」「au My Page」「デコレーションメール」などに対応する。324万画素のカメラを搭載し、LISMO、赤外線通信機能などに対応する。

発表会に併設された端末展示会場ではモックアップのみの展示となっていた。テレビ電話サービスが開始される12月頃の発売を目標に開発が進められているという。

このほかの機能では、声de入力・3Dナビ対応のEZナビウォーク、安心ナビ、Hello Messenger、PCサイトビューアー、遠隔オートロックなどが利用できる。日本語入力機能はモバイル ルポ。

メインディスプレイには約2.6インチのQVGA液晶を搭載。大きさは約51×108×24mm。連続待受時間は約250時間で、連続通話時間は約180分(大きさ、待受・通話時間はいずれも暫定値)。外部メモリカードはmicroSDカード。ソニー製高音質イヤホンが付属する。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。