スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の正月に最も売れた携帯!トップはP905i(NTTドコモ)

年が明け、今後の2008年発売モデルがどうなるか気になる時期になってきた。好調の905iシリーズはどうなるか、他キャリアはどう動くか。そして年末年始に売れた端末は何か。早速、今回のランキングを見ていこう。

順位 キャリア総合 NTTドコモ au(KDDI) ソフトバンクモバイル
1 P905i(ドコモ) P905i W53CA 812SH
2 W53CA(au) SH905i W52SH 705Px
3 W52SH(au) SH704i W53H 920SH
4 W53H(au) らくらくホンIV W53T 911SH
5 SH905i(ドコモ) N905i W53S 821SH
6 SH704i(ドコモ) F905i W53K GENT 812SH sII
7 らくらくホンIV(ドコモ) F904i A5528K 820SH
8 N905i(ドコモ) N905iμ W55T 810P
9 F905i(ドコモ) D905i W52SA 911T
10 W53T(au) SH904i INFOBAR 2 MIRROR 821P

最も売れた携帯の情報をランキングで探す
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
最も売れた携帯の情報コミュニケーション
最も売れたケータイの価格情報はランキングにもあります

正月休み期間で最も売れた端末は、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P905i」だった。P905iは、ドコモの冬商戦向けモデル「905iシリーズ」7機種が一斉に発売された初登場週に首位を獲得。連続首位記録を「6」に伸ばした。ただ、店舗によって品切れが続く状況が多く見られ、全国的に在庫不足で不満の声もあるのが不安の種である。

続いて905iシリーズは、シャープ製の「SH905i」、NEC製の「N905i」、4位に富士通製の「F905i」、NEC製の「N905iμ」、三菱電機製の「D905i」の順でランクインする。

ただ905iシリーズは発売から約1カ月が経過し、端末の人気傾向が明瞭になるとともに発売当初の勢いがやや落ち着いてきた印象だ。

キャリア総合ランキングを見ると、前回まで上位を独占した905iシリーズがいくつか順位を下げ、auの人気機種に抜かれてしまっている。年が明けた1月第1週はそれがさらに顕著となり、同キャリア内でも「SH704i」や「らくらくホンIV」といった、2007年夏モデルに抜かれる結果になった。今回のランキングは年末年始休暇中の集計であり、ユーザーの購買動向や在庫が通常とやや異なる状況だったためという理由も考えられるが、キャリア総合ランキングで見るならその条件はどのキャリアも同じ。

ともあれ、ドコモは905iシリーズと一緒に発表した、2008年春商戦向けの「705iシリーズ」も1月末頃から順次発売する予定。今後、これら新機種がどのようなカンフル剤としての役割を果たすかに注目したい。<引用:ITmediaモバイル>

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。