スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

913SHG 「機動戦士ガンダム」ザク頭部が充電台のシャア専用ケータイ

913SHG
913SH G TYPE-CHAR(タイプ シャア)は、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター「シャア」を題材にした、シャープ製のスライド型3G端末。 機能的には、夏モデル「913SH」と同等だが、デザイン面やプリインストールのコンテンツでは、サンライズや創通が監修し、バンダイの完全協力を得たデザインとなっている。「機動戦士ガンダム」に登場する主人公のライバルキャラクター「シャア・アズナブル」をモチーフとし、“シャア専用ケータイ”と呼ばれている。なお、シャア専用を謳ってはいるが、ソフトバンクではシャア・アズナブル以外の人も購入・使用が可能としている。
http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/913shg/
913SHG携帯の情報をランキングで探す
913SHG携帯の情報コミュニケーション
913SHGの価格情報はランキングにもあります
メインディスプレイ横に「PRINCIPALITY OF ZEON」(ジオン公国)などと刻印されている、バッテリーカバーや操作部の静電パッドにジオン公国のマークが、ディスプレイ左上には「A」をモチーフにしたシャアのマークが描かれているなど、細部までこだわったデザインとなっている。「機動戦士ガンダム」のジオン軍における士官向けの官給品、とされており、背面にはザクのメーカーでもあるジオニック社のロゴなども描かれている。

ボディカラーは、シャアのシンボルカラーである「C.A.Red」を採用している。メインメニューや待受画像、絵文字はシャアやジオン関連のオリジナルコンテンツとなっている。また、シャアが発した有名なセリフ、効果音なども用意されている。

内蔵コンテンツとデザインが異なる以外には、通常仕様の913SHと機能面での違いはない。おサイフケータイやワンセグ、Bluetooth、各種ソフトバンクのサービスに対応している。

パッケージには、「機動戦士ガンダム」の劇中でシャア・アズナブルが登場したモビルスーツ(人型ロボット)「MS-06S シャア専用ザクII」の頭部をかたどった充電台「シャア専用ザクヘッド充電台」が同梱される。サイズは1/12サイズで、子どもの頭部ほどの大きさがある。

同充電台は、「機動戦士ガンダム」のプラモデル、いわゆる「ガンプラ」と同じバンダイのホビー事業部が制作している。この充電台もプラモデルとなっていて、販売時はパーツ状態で、ユーザー自身が組み立てて楽しめるようになっている。スナップフィット方式のプラモデルで、組み立てに接着剤や工具は不要だという。

充電は、充電台を開け、内蔵する本当の充電台にケータイ本体を置くことで行なう。ケータイ側は充電時、待受画面としてザクの目である「モノアイ」が表示されるようになっていて、充電台を閉じればモノアイが左右にアニメーションする様子が見られるようになっている。

内蔵する充電台は通常仕様の913SHと同じで、この充電台だけを取り出し、卓上などで充電しながらワンセグを視聴するといった普通の利用方法も可能となっている。 パッケージ全体の外装箱も、通常の外装箱6つ分の大きさになり、ザク頭部のイラストが描かれたデザインになる。その中にさらに通常デザインに近いパッケージが入っているが、ソフトバンクカラーの中にジオン公国のエンブレムが描かれるなど、通常とは異なる仕様となっている。

販売は通常のケータイと同じく、ケータイの販路を通じ、ケータイ売り場で行なわれる。ただし店頭スペースの関係で、充電台の展示が行なわれるかは店舗によるという。店頭での販売のほかにも、他機種同様、ソフトバンクのオンラインストアでも購入できる。限定生産とはアナウンスされていないが、生産数などは決まっていないとのこと。

大きさは約50×108×17mm、重さは約125g。連続通話時間は約280分、連続待受時間は約350時間、ワンセグの連続視聴時間は約6時間。ボディカラーは「C.A.Red」のみ。発売は12月上旬以降となる見込み。

ソフトバンク オンラインショップで913SHG シャア専用ケータイが先行予約を開始した。数量は限定の5000名

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。