スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W61SA 3インチ有機EL、タッチセンサー、Bluetooth搭載のフルスライド発売

W61SA
auの春モデルでは最大の3インチ有機ELディスプレイを搭載する「W61SA」は、KCP+プラットフォームを採用したフルスライド型のハイエンド端末。デジタルラジオ、FMトランスミッター、Bluetooth、オーディオ機器連携など、音楽機能も充実する。
三洋電機製の「W61SA」は、プラットフォームに「KCP+ 」を採用したフルスライド型のハイエンドモデルだ。“EZ FeliCa が非搭載だが、ワンセグやデジタルラジオ、Bluetoothなどを標準装備する。
ディスプレイは、auの2008年春モデル中では最大の約3インチ有機ELを採用した。有機ELパネルの表面に強化ガラスを密着させた“ファインパネル”を採用し、傷を防いで光の乱反射を抑えるとともに、見やすさも向上させている。解像度はフルワイドQVGA(240×432ピクセル)となる。
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w61sa/index.html
W61SA携帯の情報をランキングで探す
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
W61SA携帯の情報コミュニケーション
W61SAの価格情報はランキングにもあります
au春モデル
W61H  W61K  W61T  W61PT W61CA  W61S  W62S  W61P  W61SA  W62SA

スライド型端末のソフトキーや発話/終話キー、十字キーは、ディスプレイと同じ面に配置することが多いが、W61SAではダイヤルキーと同じ面にまとめている。これによりキーの操作性が増すとともに、閉じるとディスプレイのみが見えるテレビのような「Full frontスタイル」を実現した。ディスプレイ下部にはタッチセンサーを備え、閉じた状態でもLISMOやワンセグを操作できる。

 プラットフォームは「KCP+」を採用し、さまざまなツールを待ち受け画面に配置できる「au one ガジェット」やワンセグとメールなど、2つの画面を同時に表示できる「マルチプレイウィンドウ」といった機能を備える。

 オーディオ機能は、LISMOやワンセグのほか、ソニー製オーディオ機器との連携やデジタルラジオ、EZ・FMに対応。FMトランスミッターとBluetoothも搭載し、ワイヤレスで音楽を楽しめる。

 主な対応サービスは、新機能「au Smart Sports『Run&Walk』」のほか、EZチャンネルプラス、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、災害時ナビ、安心ナビ、au oneメール、デコレーションメール、EZニュースフラッシュ、ケータイ探せて安心サービス、安心ロックサービス、オープンアプリプレーヤーなど。

世界初の3インチ有機EL搭載機として登場したのが、三洋電機製のフルスライド端末「W61SA」だ。フロント面のディスプレイ下部にタッチセンサーを搭載しており、ワンセグやデジタルラジオ、FMラジオ、音楽プレーヤー、カメラの5つの機能を閉じたまま起動し、各種操作を行える。

 おもなターゲットとするのは、AV機能に対する関心が高い20代の男性層と、スライド型を使ってみたいと思いながらも、なかなか踏み切れないユーザーだと三洋電機 パーソナルモバイルグループ テレコムカンパニー 国内事業部の横田希氏。「“十字キーとダイヤルキーが離れている”“表に出ているキーの誤操作が心配”などといったスライドモデルの不安要素がないため、折りたたみ型や回転2軸を使っているユーザーでも移行しやすいと思います」

 デザイン面では、スライドを開いたときの“色や質感の違い”にこだわった。端末を閉じた状態では、ディスプレイをふちどるブラックやホワイト、ピンクのフレームのみがアクセントになっており、スライドを開くとメタリックでビビッドなカラーに彩られた操作部が現れる。「デザインコンセプトは“別世界”。閉じた状態のボディはつややかでクリアなのですが、ダイヤルキーなどがある操作部にはメタル素材や派手な色を使って異なる雰囲気に仕上げています」。イノセンスホワイトとグレースピンクのキーフレーム部には、金属の粉を蒸着させる多重蒸着塗装が施され、ヘアライン加工とあいまって高級感の演出に一役買っている。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。