スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W61T LISMOを聴きながらau Smart Sports!発売

W61T
ボタンとボタン面のテクスチャーは好みが分かれそうです。色は写真で見るとブルーがきれいに見えましたが、実際にはくすんだ感じで手垢も目立つ印象でした。個人的には白がいいですね。プラスチック感が安っぽい感じもしますが^^;肝心の発売日は小さく2月下旬発売とシールが貼ってあったので確認したところ3月上旬くらいですねと言ってましたW61Tの価格情報はランキングで...
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w61t/index.html
W61Tの価格情報はランキングにもあります
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
au春モデル
W61H  W61K  W61T  W61PT W61CA  W61S  W62S  W61P  W61SA  W62SA

東芝製「W61T」は、ワンセグ対応の折りたたみ型CDMA 1X WIN端末。厚さ18.9mm、重量118gのコンパクトボディながら、Bluetooth機能を搭載するのが特徴。EV-DO Rev.Aによる高速通信もサポートする。フルサポートコース利用時の新規販売価格は10,000円台前半の見込み。発売時期は3月以降を予定している。

 W61Tではスポーティなデザインを強調。ボディ表面の角のうち、1カ所が45度にカットされ、メールや通話の着信時などに光る「クリスタルイルミ」が配されている。また、端末を開いた時にはカーソル・数字キーやその周囲が点灯するなど「光の演出」を充実させた。2月1日発売予定のW56Tと比較して、より女性が利用しやすいデザインを意識しているという。

 端末の折りたたみ機構には一般的な一軸ヒンジを採用。メインディスプレイは最大262,144色表示、240×400ドット(ワイドQVGA)表示の2.8インチ有機EL、サブディスプレイは7×7のLEDとなっている。なおEV-DO Rev.Aやau one ガジェットをサポートしているが、テレビ電話機能は非対応。

 新サービス「au Smart Sports」対応で、プリセットアプリ「Run&Walk」を利用する際にBluetooth機能を活用して、ワイヤレスで音楽を聴きながらランニングやウォーキングできる。またmicroSDカードスロット(最大2GB)、オートフォーカス対応の324万画素カメラなどを搭載する。

 最長23時間のワンセグ視聴が可能。映像チューニングには東芝の液晶テレビ「REGZA」のノウハウが活かされており、木の葉の緑や人物の肌色なども自然な色合いで再現するという。また番組にあわせてノーマル、ファイン、シネマから画質を選択することもできる。このほか映像関連では、新サービスの「LISMO Video」に対応する。

 auのサービス関連では、EZ FeliCa(おサイフケータイ)、オーディオ機器連携、マルチプレイウィンドウ、LISMO Video、着うたフル、EZナビウォーク、オープンアプリプレーヤーなどをサポートする。

 大きさは約50×98×18.9mm、重さは約118g。連続通話時間は約240分、連続待受時間は約250時間。ボディカラーは、アスレチックホワイト、ダンシングピンク、セイリングブルーの3色

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。