スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W62S GSM対応を沖縄で発売の最新価格決定

W62S
KDDIと沖縄セルラーは、au端末として初めてGSM方式に対応したソニー・エリクソン製「W62S」を21日より発売する。ただし21日に発売されるのは沖縄エリアのみ。「W62S」は、CDMA 1X WINとGSMに対応した折りたたみ型モデル。単体でGSM対応エリアでも利用でき、発売にあわせて国際ローミングサービス「グローバルパスポート GSM(旧名称:グローバルエキスパート)」のデータローミングサービスが提供される。これにより、「W62S」ユーザーは、音声通話サービスを180の国とエリアで、メールやEZweb、PCサイトビューアーなどのデータ通信を111の国と地域で利用できる価格情報はランキングで...
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2008/0321/
W62Sの最新価格情報はランキングにもあります
auの最新情報はコチラ(詳しく説明)
au春モデル
W61H  W61K  W61T  W61PT W61CA  W61S  W62S  W61P  W61SA  W62SA

「海外渡航設定」「航空機モード」「ツインプラネットクロック」「グローバル電卓」「モバイル辞書」などのほか、6カ国語の会話集「TalkManFlash」が利用できる。文字入力は、英語の予測入力変換も可能な「POBox Pro E」となっている。

 メインディスプレイは約2.7インチ、240×432ドットのTFT、サブディスプレイは約1.1インチ、128×36ドットの有機EL。オートフォーカス対応の201万画素CMOSカメラや、2GB対応のmicroSDカードスロットを搭載する。またフロントパネルの素材はジュラルミンとなっている。au関連サービスでは、LISMOやEZナビウォーク、EZ FeliCa(おサイフケータイ)、「au Smart Sports(Run&Walk)」、オープンアプリプレーヤーなどに対応。ワンセグ、LISMO Video、オーディオ機器連携、au one ガジェット、マルチプレイウィンドウは非対応となる。

 大きさは約48×101×16.9mm、重さは約119g。国内での連続通話時間は約240分、連続待受時間は約350時間。ボディカラーはシルバー×レザー、ブラック×ローズ、ホワイト×ライム。

 21日発売と案内されているが、店頭に並ぶのは沖縄だけで、他のエリアでの発売日は未定となっている。この点についてKDDIでは「スムーズに販売するため準備を整えている段階。確定すればWebサイトなどで別途案内していく」と説明し、端末のバグや流通の影響を否定している。

データローミングの料金は、最初の50パケットまで50円。50パケット以上は1パケット0.2円。1通信ごとに最低料金として(50円かかる。パケット通信料割引サービスやパケット定額サービス、無料通話分の対象外となる。Cメール送信料は1通100円で、無料通話分の対象外。Cメール受信は無料となる。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。