スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

922SH ソフトバンク、インターネットマシンの驚きの実売価格

922SH
「インターネットマシン 922SH」は、電子辞書やノートパソコンのように、横長方向で開くスタイルを採用した端末。開いて、横長画面を見ながら、QWERTY配列のキーボードで操作する形になる。メインディスプレイは3.5インチ、480×854ドット、最大26万色表示のNewモバイルASV液晶、サブディスプレイはサブディスプレイは1.18インチ、128×64ドット、白1色表示の有機EL。メインカメラは、有効画素数200万画素のCMOS、サブカメラは11万素CMOSとなる。最大4GBのmicroSDHCカードに対応する922SHの販売価格情報はランキングで...
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20080325_02/
922SHの価格情報はランキングにもあります
主な対応機能・サービスは、ワンセグ、3Gハイスピード、フルブラウザ、国際ローミング(W-CDMA/GSM)、赤外線、Bluetoothなど。横長画面を活かすため、フルブラウザ「PCサイトブラウザ」のページ読み込み容量が1MBに拡大されているほか、メール機能は3ペイン表示に対応し、ワンセグ視聴時には2つの機能を同時に利用できる2画面表示対応となっている。またパソコン宛メールを送受信できるサービス「PCメール」も利用できる。ただし、おサイフケータイやGPS機能には非対応。

 大きさは56×116×17mm、重さは約132g。国内での駆動時間は、連続通話時間が約250分、連続待受時間が約340時間、ワンセグ視聴時間が約4時間30分となる。ボディカラーは、ブロンズゴールド、メタリックブラック、パールホワイト、パールピンクの4色。

メインディスプレーに、3.5インチフルワイドVGA液晶を搭載。大画面で、インターネットやワンセグを快適にお楽しみいただけます※1。また、液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質表示技術を応用した「NewモバイルASV液晶」により、明るい屋外でもくっきりと色鮮やかな映像を表示します。さらに、映像調整にテレビと同様の色調整を加えた「SV(Super Vivid)エンジン+」で、これまで以上にテレビに近づいた本格画質を実現し、ステレオスピーカーとの相乗効果により、画面シーンに合わせて美しい映像と臨場感あるサウンドをお楽しみいただけます。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。