スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HT1100 ケータイ感覚で快適に使える本格スマートフォン(実売価格)

HT1100

一見すると普通のスライド型端末に見えるNTTドコモの「HT1100」は、Windows Mobileの高機能とケータイの使いやすさを併せ持つHTC製のスマートフォンだ。OSはWindows Mobile 6 Professionalを採用し、タッチパネルによりディスプレイを直接触って操作が可能。Outlook MobileやInternet Explorer Mobileなど、PCと親和性の高いアプリを用意し、下り最大3.6Mbpsの高速通信が可能なFOMAハイスピード(HSDPA)にも対応しているHT1100価格情報はランキングで...
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/ht1100/
HT1100の実売価格はランキングで
905iシリーズ(10機種)

D905iF905iN905iP905iSH905iSO905iN905iμSO905iCSP905iTVSH905iTV
705iシリーズ(12機種)

D705iμN705iμ、P705iμ、D705i、F705i、L705i、L705iX、N705i、NM705i、P705i、SH705i、SO705i

画像ビューアでは、指を左右にスライドさせると画像送り、画像の一部に指で円を描くとその場所を拡大表示、逆回転させると縮小表示、半回転させると画像の回転といった操作が可能。実際に使ってみたところ、ゆっくり円を描くと拡大縮小、素早く回すと画像の回転がうまく認識されるようだ。

ディスプレイに触って直接操作するタッチパネルは、最近ではiPhoneやiPod touchの影響もあってかそのUIがよく練られるようになってきた。このTouchFLOも、タッチパネルの操作性を向上させる技術として健闘している印象だ。とにかく指でスライドさせるだけで動作する操作性は快適だ。

珍しいところでは、端末を閉じた状態からスライドさせると、それにあわせて画面が切り替わり、新規メールや新規予定、新規連絡先などの作成用ショートカットが表示される機能が目を引いた。そのままダイヤルキーで番号を打てば電話をかけることができ、“スライドオープンとともに何か作業を行う”というユーザーの動作を先読みしているのだ。なお、このショートカット画面は、そのまましばらく待つかスライドを閉じるともとの状態に戻る。

HT1100はタッチパネルを搭載しており、十字キーでカーソルを動かす操作に加えて、指やスタイラスペンで直接画面に触れる操作も可能。この大きなアイコンは、特に指で押す際に分かりやすく、直感的な操作ができる。

またHTC Homeは、着信メール数や不在着信数がひと目で分かり、タブを切り替えることで天気予報やランチャーなどの機能を利用できる。画面の下半分にはWindows MobileのToday機能を割り当てており、直近の予定もすばやく確認できて便利だ。

もう1つ、HT1100のUIにおける大きな特徴がHTC独自の「TouchFLO」を搭載した点だ。これは、ディスプレイ上で指をスライドさせることによって操作するインタフェース。例えば、ディスプレイの下部に指を触れてそこから上に向かってスライドさせると、アドレス帳やマルチメディア機能を選択できる立体メニューがアニメーションとともに現れる。

この立体メニューは待受画面だけでなく、ほかのアプリケーションが起動している場合でも利用できる。このメニュー画面は3つの画面で構成され、1つ目は大きなアイコンを表示したいわばランチャー画面で、メールやSMS、Internet Explorer Mobile(IE)、予定表といったアプリをタッチ操作で簡単に起動できる。

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。