スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone 3Gの料金値下げ2990円に・・・料金値下げの裏には何が?

iPhone 3G

iPhone 3Gの爆発的人気で余裕しゃくしゃくのソフトバンクが、さらに他社を圧倒する離れワザをしてみせた。8月5日の決算説明会に合わせて、iPhone 3Gの料金を事実上値下げしたのだ。iPhone 3Gでは、パケット使い放題の「パケット定額フル」への加入が強制になっている。8月4日以前のパケット定額フルは、毎月5985円の固定料金だったが、8月分から最低月額が1695円、上限が5985円の2段階定額制になる。つまり、最低月額料金が約4000円も安くなるのだiPhoneの料金はランキング...
ソフトバンクモバイル夏モデル
921P 823P 923SH 824SH 820N 821N 821NGLA 823T 824T DM002SH iPhone

iPhoneの記事をランキング検索
ソフトバンクモバイルは5日、米アップル製の高機能携帯電話「iPhone」(アイフォーン)の販売方法を一部変更すると発表した。これまでは予約を受け付けなかったため、販売店で行列ができるなど混乱が起こったが、6日からは販売店ごとに予約を受け付ける。また、アイフォーン専用の料金プランが高額との批判に対処し、月々の最低料金を引き下げて販売をテコ入れする。
予約販売はアップルの意向で行っていなかったとされるが、そのため購入希望者は、入荷日にタイミング良く店頭を訪れないと入手できず、不満が高まっていた。今回、ソフトバンクとアップルが話し合って変更することにした。
一方、料金体系では、これまで毎月5985円の定額に設定していたデータ通信料金を、利用量に応じて最低1695円から最高5985円まで変動する2段階定額制に変更する。基本使用料980円、ネット接続料315円は従来通り。これにより1カ月の最低私用料金は7280円から2990円に下がる。
従来の料金体系は一般的な携帯電話の料金プランよりも割高感が強く、販売面で不利だと指摘されていた。ソフトバンクは「データ通信料金の上限まで使わないユーザーにも、気軽にアイフォーンを使ってもらいたい」と話している。
新料金体系は、発売した7月11日以降のすべての購入者に対し、最初の月の支払いから適用するため、既存契約者にも不利益はないという。
正確にいうと、これは値下げではなく、最低負担額の変更だ。ヘビーユーザーであれば、パケット料金は上限いっぱいになるだろうから、毎月の負担は今までと同じ5985円で変わらない。しかし、ライトユーザーには値下げになる可能性が高い。パケット使用を減らせば、パケット定額フルの課金は1695円に抑えられるからだ。これにより、iPhone 3Gの最低月額料金は2990円になった。端末ローンの金額を合わせても3950円からの出費でiPhone 3Gが持てるのだから、かなり大きなインパクトがある。「iPhone 3Gは欲しいけど、月額の負担金額が大きい…」と躊躇(ちゅうちょ)していた人も、これならば導入できるだろう。
iPhone 3Gの使い勝手をランキングで見る
ヘッドラインニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080805-00000942-san-bus_all

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。