スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモ F-03A ラウンドフォルム、タッチパネルのスライド端末w元日発売

F-03A
PRIMEシリーズの1つとなる「F-03A」は、タッチパネルで3.2インチ、480×960ドットのフルワイドVGAディスプレイを搭載する富士通製スライド型端末。発売時期は、2009年の1?3月の予定のF-03A実売価格をランキングで見る
ドコモ秋冬モデル
F-01A、F-02A、F-03A、F-04A、N-01AN-02AN-03A、N-04A、SH-01A、SH-02A、SH-03A、SH-04AP-01AP-02AP-03AP-04AP-05A、L-01A、NM-01A、HT-01A
F-03Aの情報をランキングで探す
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/prime/f03a/index.html
F-03Aの詳細をランキング検索
スライド型のボディは、スクウェアな形状ではなく曲面を採用したラウンドフォルム。メインディスプレイはタッチパネルとなっており、フルブラウザ利用時には、指のスライドにあわせてスクロールできる。

タッチパネルは閉じた状態でのみ機能し、開いた状態ではタッチ操作は行えない。「F-03A」におけるタッチ操作は、かつて三菱電機製の端末に搭載されていたスピードセレクターに準ずる内容のみをタッチパネル上に再現したもの。このため、通常のタッチ操作のようにアイコンや一覧メニューを直接タッチして指定するする操作は行えない。

閉じた状態で画面にタッチすると画面下部に「タッチセレクター」が現れ、専用メニューが表示される。タッチセレクターのシャトルの中央には決定キーに相当するボタンが再現され、シャトル周辺の4つのキーも画面上に再現される。指を円周軌道になぞることでをカーソルを操作でき、メニュー上のカーソルが移動していくが、この円周軌道は画面上のどこで行っても、タッチセレクターのシャトルの回転操作とみなされる。つまり、画面上の好きな場所で円を描くようにタッチ操作を行えば、画面上のカーソルを移動できる。なお、発売時期は2009年の1?3月とされており、タッチパネルの操作の詳細な仕様は今後変更される可能性があるという。
F-03A
機能面では、同時に発表された「F-01A」とほぼ同じ仕様。顔検出オートフォーカス対応の約520万画素CMOSカメラを装備し、外部メモリは最大8GBまでのmicroSDHCカードがサポートされる。右側面に用意された「サーチキー」から、iモードやフルブラウザ、メールなどを検索できる「クイック検索ウィンドウ」が利用できる。同機能ではメール本文検索もできる。Bluetooth対応で、ワンセグの音声にも対応。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、DUN、HFP、HSP、OPPとなっている。

主な対応サービス・機能は、iコンシェル、iウィジェット、iアプリオンライン、FOMAハイスピード(HSDPA、7.2Mbps)、Music&Videoチャネル、ワンセグ、デコメアニメ、GPS、WORLD WING(国際ローミング)など。

連続待受時間は約510時間(GSMは260時間)、連続通話時間は約180分(GSMは約170分)、連続テレビ電話時間は約100分。大きさは114×51×19.5mm、重さは145g。ボディカラーはホワイト、ブラック、ゴールドの3色。
F-03Aのスペックをランキングで見る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081201-00000060-jij-bus_all
ウィルコムがNTTドコモと提携、競合他社よりも格安の高速データ通信サービスを開始へ

comment

Secret

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。