スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleの携帯電話OS「Android」、2009年は日本語対応

Android

グーグルは、定例会見において、携帯デバイス向けのオープンプラットフォーム「Google Android」を日本語に対応するAndroid日本語版はランキングで...
関連記事
Googleが携帯電話向けプラットフォーム「Android」を発表

携帯電話OS「Android」はランキングで
モバイルビジネス統括部長のジョン・ラーゲリン氏は、Androidに取り組む理由を「GoogleはPCの世界から生まれてきたが、手軽に持ち歩けていつでもネットに接続できる携帯電話に対するGoogleの期待は高い」と話す。
ただし、キャリア間で環境が異なり、ユーザーは自分の端末で他社向けのサービスやコンテンツが利用できないといった互換性の問題点を指摘。「Androidでは、ユーザーが好きなアプリを利用できる“オープン”が前提。また、オープンな仕様であるため、キャリアはいろいろな国で展開できる」とした。
技術面については、OSはLinuxベース、アプリはJavaで作成するほか、ネットへのアクセス時は、「Webブラウザ『Google Chrome』と同じサンドボックスをベースにしたセキュリティ対策を導入している」と説明した。また、キャリアやメーカーにはAndroid向けアプリなどの作成ツールを無償提供する。これにより、「開発コストの大幅な削減と迅速な市場投入が可能」という。
「アンドロイド」の詳しい情報はランキングで
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/02/02/22298.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090202-00000009-bcn-sci
ソフトバンクモバイル、基本使用料が490円になる「ホワイト学割with家族」を開始
スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。