スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SBモバイル 電気通信事業者指定と特定基地局開設認定を取消?

ソフトバンクモバイルは電波法に違反し、免許申請状に記載された期日より前に基地局の電波発射を行った。さらには、これを、新聞社により公表されるまで社内において秘匿し、監督省庁への報告も行わなかった。これは、基地局違法操業の違法性を認識した上で、その罪を隠そうとしたものであると推測可能である。また加えて、ソフトバンクモバイル社の無線基地局の操作であるにもかかわらず、協力業者のエリクソン社にその全ての操作責任を丸投げしていたという事実も認められた。これも電波法違反行為である。また、電気通信事業法においては、電波法違反が発覚した電気通信事業者の電気通信事業者指定は、これを全て剥奪処分とできることが明記されている。

認定を取消の詳細をランキング検索
ソフトバンクモバイルは、自身が第3世代、及び第3.5世代携帯電話システムの特定基地局開設認定を所持するにもかかわらず、他の第3世代、及び第3.5世代携帯電話システムの特定基地局開設認定を所持する事業者の特定基地局を借り受けてサービスを開始する旨を発表した。これは、自社による特定基地局開設義務を放棄する行動であり、特定基地局開設認定を保持するに値しない。
電気通信事業者指定をランキングで読む
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090213-00000149-jij-soci
東芝、タッチ操作の海外向けスマートフォン「TG01」

スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。