スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原で活気づく中古ケータイ最新事情、「赤ロム」は危険?

携帯電話は、キャリア直営ショップや量販店、街のケータイショップなどで新品を購入する。その際、新規契約あるいは機種変更の契約を結んだうえで携帯電話の端末を入手するのが一般的だ。

近ごろの携帯電話は「SIM(シム)カード」と呼ばれるICチップ付きカードに契約者の情報を記録し、このカードを差し込めば利用できる。SIMカードを外した状態の端末は「白ロム」と呼ばれ、通話などができなくなる。NTTドコモとソフトバンクモバイルの2社については、白ロムを入手して個人のSIMカードを装着するだけで、実質的な機種交換が可能だ。

この仕組みに着目して、携帯電話の白ロム端末だけを買い取って中古品として販売する業者が現れた。これまでは、一部のケータイショップやリサイクルショップが中心だったが、秋葉原でも一部の中古パソコンショップが販売に乗り出した。
突然端末が使えなくなる!地雷のような「赤ロム」には要注意

あまり聞き慣れない「赤ロム」の問題についても触れておかねばならない。赤ロムとは、割賦販売の支払い途中に買い取りに出された端末だ。前ユーザーの支払いが滞りキャリア側から使用停止にされた状態だ。

赤ロム化した端末は液晶ディスプレイ内のアンテナ表示が赤色に変わり、通話などのサービスが利用できなくなる。こうした端末を購入すると、SIMカードを差し替えても利用できないことがある。

例えば、ショップが買い取る時には問題なくても、それ以降に支払うことになっている料金を支払わないケース。キャリアは端末自体をロックできるので、店頭に並んでから利用できない状態になることもある。

中古ショップ側も赤ロム問題を把握している。じゃんぱらでは、中古ケータイに1カ月間の保証期間を設ける以外に、赤ロムについては理由や期間の制限を設けず返品に応じる方針だという。

特定の販売店では安心できるサポートを受けられるが、他店でも同じような保証があるとは限らない。特に、ネットオークションで入手した場合はトラブルの原因になりかねない。中古ケータイを購入する際、もっとも注意しておきたい点といえよう。

中古ケータイは市場が立ち上がったばかり。まだ多くの問題を抱えているのも事実だ。ただ確実に成長しつつあり、将来多くのショップが参入してくると予想される。

キャリアの販売報奨金制度の廃止から、新品の端末価格が平均5万円前後にまで高額化してしまった。新しめの端末を割安に入手できる選択肢として、中古ケータイはニッチな存在から一般的なジャンルへ変わりつつある。今後、注目すべき存在になるのは間違いないだろう。(文/白石ひろあき)

顧客メアド4500件流出 KDDI、操作ミスで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000563-san-soci
スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。