スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話から携帯電話番号送金できる「ドコモ ケータイ送金」が7月21日開始

keitai_soushin.jpg
NTTドコモは、銀行代理業の認可を得て、みずほ銀行と協力して新サービス「ドコモ ケータイ送金」を7月21日より提供する。

サービスでは、友人や知人の間でのお金の受け渡しを携帯電話を通じて行えるようになる。送り手は相手の電話番号を指定して送金すると、メッセージRで受け手に通知される。受け手側は、送られてきたお金を、みずほ銀行経由による口座振込で受け取るか、携帯電話の利用料に充当できる。送受どちらも利用時にはiモードのネットワーク暗証番号が必要になる。送金限度額は月間最大2万円まで。ただし与信など同社の基準により、送金限度額が1万円になることもある。

じぶん銀行は3年目からの黒字化を計画してる中で1年目は累積赤字莫大に抱えてますが、それに比べたらドコモとみずほ銀行は投資額少なく、ユーザー数も多いのでリスク少なくちゃりんちゃりんと地味に稼げる気はします。
ただし、これからグーグルケータイや各社共通のLTE端末などのiモード非対応機が主流になってくるとしたら将来性が? iモード以外でも将来対応できるようにする? まあ利用者減ったらサービス終了すればいいだけの話なのかな。銀行だと廃業は大変だけど。
メリット
・口座開設不要で使える
・口座に残高用意しなくとも送金できる
・ユーザー数の多いFOMA間での送金
・一般銀行の振込手数料より安い105円で送金できる
・銀行に行かなくとも携帯から24時間いつでも簡単送金

デメリット
・FOMAユーザー間以外は利用できない
・個人ユーザー間でしか利用できない
・未成年は利用できない
・iモード利用者以外は利用できない。 (iモード非対応のBlackBerryやAndroid機は不可)
・受け手側が受け取り手続きが必要。パスワード入力と受け取り方法の選択
・送り手側は送金の決済方法にDCMX必要。それ以外のクレジットカード使えない
・手数料105円必要。受け手側もみずほ口座以外への振込選択すると65円負担必要
・送金限度額20万円、1回の送金は2万円まで(与信状態によっては限度額1万の場合あり)

送金すると、送金額とサービス利用料(1回105円)が電話料金と合算して請求され、支払いが確認されれば送金限度額が復活し、翌月も上限2万円まで送金できる。受け手が銀行口座振り込みを指定した場合、みずほ銀行以外の口座で受け取る場合は口座指定手数料として1回65円請求される。たとえば5000円送金され、みずほ銀行以外の口座で受け取ると、受取金額は手数料を除き、4935円となる。なお、1カ月間に受け取れる金額は合計20万円まで。

利用できるのは、送金側・受け手側どちらも個人のiモードを利用するFOMAユーザー。ただし、送金するユーザーの決済方法がDCMX以外のクレジットカードであれば利用できない。法人名義や未成年のユーザーは利用できない。
スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。