スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモがGoogle Android携帯スマートフォン「HT-03A」を発売開始


インターネット検索最大手、米グーグルが開発した携帯電話用基本ソフト(OS)を搭載した「グーグル携帯」が10日、発売された。ブランド力を背景に米市場では100万台超の販売実績をもち、満を持しての日本初上陸となる。競合する高機能携帯電話(スマートフォン)では、米アップルが「iPhone(アイフォーン)3GS」を先月末に発売。国内メーカーも参入しており、競争が激しさを増してきた。

携帯端末価格は、「バリューコース」で約2万5千円ほど。

docomo PRO series HT-03A
グーグル携帯は「アンドロイド」と呼ばれるOSを搭載し、グーグルがインターネット上で提供している各種サービスを利用できるのがセールスポイント。

NTTドコモが発売した今回の新機種は、台湾メーカーのHTC社製。入力画面はアイフォーンと同様、指でなぞるように操作するタッチパネル式だ。

グーグルの検索機能に加え、地図サービスの「グーグルマップ」とグーグルマップ上の場所の写真を表示する人気サービス「ストリートビュー」、動画投稿サイト「ユーチューブ」が手軽に楽しめる。

グーグル携帯は昨年10月に米国で発売され、約半年間で100万台を売り上げた。「携帯電話の可能性はスマートフォンにあり、アイフォーンが好調な理由もそこにある。グーグル携帯がひとつめの武器」(NTTドコモ)とライバル心をむきだしにする。

一方、6月26日にソフトバンクモバイルが発売した米アップルの「アイフォーン3GS」。昨年7月、国内に投入されたアイフォーン3Gに比べ、インターネットの接続スピードが2倍になったほか、動画撮影も可能になるなど機能を充実させている。

6月19日に先行発売した欧米では、わずか3日間の販売台数が100万台を突破するなど、根強いアップルファンの存在を見せつけた。国内でも順調な滑り出しという。

今回のドコモとソフトバンクの新商品対決には、OSの主導権争いという側面もある。グーグルのOSは無償で携帯電話メーカーに公開。有償OSは携帯電話機価格の上昇要因とされており、グーグルは無償公開でメーカーを取り込む狙いがある。

需要が頭打ちの携帯電話市場にあって、スマートフォンへの期待感は大きい。調査会社の矢野経済研究所によると、国内市場は平成24年に19年比約4倍に膨らむと予想されており、高成長が見込まれている。

シャープや東芝など国内の携帯電話機メーカーもスマートフォンの開発を強化しており、国内外のメーカーが入り乱れた戦いは今後さらに熱を帯びそうだ。
スポンサードリンク
FEED全文配信
カテゴリー
タグランキング
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
RSSフィード
リンク
お問合せ
広告の問合せ・相互リンクなどは
下記フォームよりお願いいたします。↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックワード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。